世界の中心で愛を叫んだ人妻デリヘル | 世界が終わる前に叫んでおきたい「人妻デリヘル最高!」と

 

風俗のメキシコ 人形西川口

  • 投稿者 : colベロニアス
  • 2011年12月10日 11:35 PM

風俗 西川口のあの日は和服のつもりだったのに雨に降られたものですから」「なるほど。それで練馬まで出かけたということですね」「そうです。刑事さんは、その日もわたくしがグリーンハイッヘー」勢いよくドアが開き、風俗涼子の話の腰を折った。大塚が部屋に戻り、蕨風俗店長の手に紙片を渡した。昔の西川口という名の蕨風俗店長はそれを見ながら、「グリーンハイッがどうかしましたか?」風俗涼子が唾を飲み込むようにして黙り込んだ。蕨風俗店長は紙片を机に置き、「どうぞ、言いたいことはなんでも言ってください」「その日もグリーンハイッ付近で不審な人物が目撃された。そして、その人物をわたくしと思っている?刑事さんのせっかくの推理ですけど、わたくしはいずれの日もグリーンハイッには行っておりません。『すみれ』に行ったことが嘘だと思うのでしたら調べてください。馴染みの店員です。わたくしのことは覚えているはずですわ。例えば西川口にある……でも、確かにおかしいですね。西川口こそ二日続けて似たような人が現場付近に現れるなんて。もしかしたら、その人がもう一人の参考人なのかしら?それとも、その人とわたくしが同一人物と思っていらっしゃる?」そう言って風俗涼子は意味ありげに笑った。「そんなことは思っていません。ところで、奥さんはストッキングを買いにいくとき、どの車を使いました?その日はご主人の車も自宅にあったわけですね。ご主人の車を使ったのではないですか。これは目撃者に確かめればすぐわかることです」風俗涼子は息を呑むようにして蕨風俗店長を見ていたが、明快に答えた。「風俗嬢小池の車です」「しかし、ご主人の鍵の保管場所を知らないんでしょう」「車のキーは別なのです。とにかく、グリーンハイッへは一度も行っておりません。さっきからいろいろ聞かされましたけど、取るに足らないことばかりで、何をおつしやりたいのかよくわかりません。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。